検索
  • satubi526

【小・中学生コース】クロッキー会を行いました☆


今回は小・中学生コースの授業風景をご紹介します。

年に2回のクロッキー会、今年も行いました。

『クロッキー』とは5〜10分くらいの短い時間で対象物の形を捉える、スケッチのことです。

画材は、鉛筆、ボールペン、カラーマーカー、コンテ、パステル、クレヨンの中からそれぞれ好きなものを使って描きます。

はじめての人は柔らかい鉛筆やコンテがオススメです。

慣れてきたら、カラーマーカーやパステルなど色で書き分けてみるのも面白いですね。

体のバランスや間接の動きに注目して、よ〜く観察しましょう。

最初のモデルをじゃんけんで決めて、クロッキー会スタート!

トップバッターのKちゃんはちょっと恥ずかしそうに台に上りつつ…

でもポーズが始まってしまえばマネキンのようにじっと耐えてくれました。

「はい、あと3分!」

「(モデル)え〜…」「(描き手)えェー!」

描く方は10分って意外と短いでしょ?そしてモデルって体力いるでしょ?

キャリア組は慣れたものですが、はじめての学生は少し戸惑いつつも一生懸命描いていました!

中学3年生Iさんの作品(ペン・8分)

体の重心を捉えており、服のしわなどもしっかり描こうとした力作です☆

小学生コースの来週からの予定は立体工作

中学生コースは大型静物デッサンです。

随時、無料体験も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

#中学生 #クロッキー

0回の閲覧

作品ギャラリー

受験科

小・中学生

特設絵画科

〒064-0805 札幌市中央区南5条西26丁目1−5

TEL:011-561-7439

FAX:011-561-0322

info@satsubi.com

© 2004-2019 札幌美術学園